×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


豊臣秀吉〜信長の野望継承〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
信長の家臣時代
信長の野望継承
天下統一後
問い合わせ
サイトマップ

1582年、織田信長は志半ばで、家臣の明智光秀に裏切られ本能寺で倒れる。その報告を受けた秀吉は大急ぎで、中国地方から京都へ戻り、明智光秀を討ち取る。この功績により、織田家家臣の有力者としての地位を拡大させる。

信長の後継者を決める、重臣会議で柴田勝家の織田信孝を跡取りにするという主張を退け、織田秀信を後継者とすることに成功し、自分がその後見人になる。

その後、柴田勝家との戦争に勝利して、織田家家臣の座から、織田信長の継承者としての地位をかためる。当時は実力のある者に、みな従うという、下克上の時代である。

しかし、そんな秀吉にも、匹敵する力を持った者がいた。徳川家康である。家康は頼ってきた、織田信雄こそ正当後継者として、秀吉と対決した。家康との戦争が思うようにいかず、戦争に勝利する可能性が低いとみた秀吉は、織田信雄本人を狙い和睦に成功する。大義名分を失った家康は撤退を余儀なくされる。

これにより、家康をも家臣として秀吉は天下統一への道を歩いていく。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・豊臣秀吉 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。