×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


豊臣秀吉〜信長の家臣時代〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
信長の家臣時代
信長の野望継承
天下統一後
問い合わせ
サイトマップ

織田信長の小者として、仕えてからその才能を見出されて出世していく豊臣秀吉。斉藤家を攻めている時の一夜城などが有名。ただ、一夜城は作り話という説が強いらしい。斉藤家との戦いの時に、竹中半兵衛や、蜂須賀小六を配下に入れるなど、人心掌握の上手さはすでに光っている。

また、信長が朝倉家を攻めた時、浅井家に裏切られ絶体絶命のピンチに立たされた時の、金ヶ崎の撤退戦が有名で、秀吉が殿を努めて、見事織田家のピンチを救った。これで豊臣秀吉の名が一躍有名になる。

その後、信長が多方面戦線に乗り出した時には中国地方の毛利家を任された。この時にも、高松城の水攻めなどで、城攻めの名人として、有名になる。

秀吉は、織田家の有力な家臣ではあった、だが織田家の中で最も有力な家臣だったのは、柴田勝家である。

また、織田信長には子供も当然いた。ではなぜ、秀吉が織田信長の後を継承して、天下統一へ向かったのだろうか。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・豊臣秀吉 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。